タグホイヤーの時計

高級時計の最適な保管方法は絶対に知っておくべき

時計はとってもデリケート

精密に設計された時計はデリケートな面も持ち合わせています。取扱や保管方法が雑な場合、時計の見た目が変わって価値が下がってしまいますので、保管方法や取扱には十分に注意しましょう。綺麗な状態で保管しておけば、将来時計を売るときに高値で引き取ってくれる可能性が高くなります。

時計の保管や取扱について知ろう

時計

湿度について

タグホイヤーなどの時計は湿度を嫌います。時計だけでなく、すべての製品にいえることですが、湿度が高いと製品にサビやカビが発生してしまう可能性があります。金属ベルトの場合は錆びやすくなりますし、革製品の場合はカビが生えてしまいます。箱などに入れておく際は、乾燥剤も一緒にするといいでしょう。特に梅雨の時期などは注意したいですね。カビが生えていないか定期的に確認することが大事です。

日光は避けよう

直射日光にさらされるような窓辺に時計を置いておくのは絶対にやめましょう。せっかくの時計が変形してしまう可能性がありますし、色も変色してしまいます。部屋に日光が差し込んでしまうような場所では箱や棚に入れておきましょう。

電子機器の側には置かない

テレビやパソコンなどの電子機器の側には時計を置かないでください。時計の内部が磁気を帯びてしまった場合、細かく複雑に絡み合っているパーツが磁気の影響を受け時計の精度が落ちてしまいます。携帯電話やオーディオスピーカーの側も時計が磁気を帯びてしまう可能性がありますので避けましょう。

温度に関して

時計を置いておく場所の温度に関してですが、1日の中で温度変化がそれほど変わるような場所でなければ、それほど神経質にならなくてもだいじょうぶです。ただ、35度以上に長時間さらされるような場所は避けましょう。また、常に5度以下の寒い場所も時計の保管には適していません。あまり寒い場所の場合は時計が故障してしまうこともありますので、寒冷地域に住んでいる方は特に注意しましょう。

コレクションボックス

高級時計を複数所有しているのであれば、コレクションボックスなどに保管しておくのがよいかもしれません。タイプによっては外からも時計を観ることができます。むき出しで外に出すのではなく、専用のコレクションボックスを探してみましょう。アタッシュケースのようなコレクションボックスもありますので、いくつも時計を入れて観て楽しみたいという方はそのようなタイプを選ぶと良いでしょう。

広告募集中